信頼のオゾン脱臭装置
ホーム > 脱臭力の仕組み

脱臭力の仕組み -驚異的な脱臭力には理由があります-

秘密はオゾンショックトリートメント法。完全脱臭でイヤな臭いを残しません!

7000mg/h以上のオゾン発生量と、450m3/h以上のファン風量という条件の下、オゾンを室内にたくさん発生させ、かつ循環させることをいいます。
これは、風量が大きければ大きいほど、分子活動が活発化する率が高まるという化学反応の法則に則って、吹き出させるオゾン量を増やし、臭気物質と結びつける回数を増やすことで、反応率を高める手法のことです。
(現在商標登録申請中)

ショックトリートメントの秘密

  • 秘密01:7,000mg/h以上のオゾン発生量
  • 秘密02:450m3/h以上のファン風量

オゾンショックトリートメント法のイメージ

オゾンショックトリートメント法によって、より速く、より広く、より強く 早期の原状回復が可能になります!

プラズマとは

プラズマとは高圧放電によって気体が電離した状態をいい、電子,イオンを豊富に含むガスの状態です。この状態では電子やイオンは化学的に反応しやすい、ラジカル(活性種)になり有害ガスを分解します。

オゾンとは

酸素原子が2個ついたものが酸素(O2)、3個ついたものがオゾン(O3)です。しかしオゾンの分子は安定していないため、3つめの酸素原子がすぐに離れようとします。悪臭などの何かほかのものに触れると、この3つ目の酸素原子はニオイ物質と融合します。
これが、「酸化」です。
この酸化力は、塩素の約6倍。強力な脱臭、殺菌効果があります。(フッ素に次ぐ強力な酸化力です。)
そのため、オゾンは多くの分野で、脱臭、殺菌、漂白、洗浄等に活用されています。

プラズマオゾン脱臭とは

ActiveO-J空間放電によって発生するプラズマ中に臭気ガスを通過させることで、臭気分子に直接電子、ラジカルが作用し臭気分子を直接分解します。
ECOZONE社製プラズマ生成体は次に、ラジカル生成と同時に生成されるオゾンを対象空間に放出し臭気分子を強力に酸化分解します。
プラズマ、オゾンの相乗効果によりオールマイテイーな脱臭が可能になります。

オゾンガスの強力な酸化力による5つの効果

1.脱臭 臭いの元に直接オゾンガスを注ぐことで、大きな脱臭効果があります。
2.除菌 オゾンガスにより、短時間で除菌し、長時間腐敗を抑えます。
3.浮遊菌の除去 オゾンガスにより作業所内の空中浮遊菌を除菌するとともに、脱臭もできます。
4.カビ・ヌメリ取り オゾンガスにより、カビの菌を除菌。カビ取りやヌメリ取りが簡単にできます。
5.害虫忌避 オゾンガスを十分使うことで、害虫を寄せつけない清潔な環境が作れます。

プラズマオゾン脱臭が有効な臭気

ペット臭、タバコ臭、腐敗臭、死体腐敗臭、にんにく臭、キムチ臭、カレー臭、嘔吐臭、汚水臭、線香臭、香料臭、香水臭、体臭、汗臭、血液臭、イソ吉草臭、床材ニス臭、ワニス乾燥臭、VOC臭、カビ臭

殺菌にも有効

一般に、薬剤は、細菌の細胞表層(壁と膜)を素通りし、細胞内の酵素のみを破壊することで除菌します。これに対しオゾンは、分解時に発生する酸素(O2)の強力な酸化作用によって、細菌の細胞壁を直接損傷・破壊・分解し、細胞内成分が溶け出すことで死滅させ除菌します。
そのため除菌速度が速く、また耐性菌もできにくいとされています。

お問合わせ、資料請求はこちら
電話:03-3231-0882 営業時間:10:00〜18:00 お問合わせフォーム
TOPへ